アイコン 家物件掲載数 600件
アイコン 旗土地掲載数 30件
お問い合わせ ボタン お問い合わせ お気に入り
0
アイコン 風船登録イベント数 9件
資料請求 ボタン 資料請求
ホーム アイコン

物件掲載数

600
ホーム アイコン

登録イベント数

9
ホーム アイコン

土地掲載数

30

ニュース / トピックス

  • TOP
  • ニュース
  • 子育てしやすい家とは?家づくりのアイデア7選

子育てしやすい家とは?家づくりのアイデア7選 2021.06.17

2021.06.17

せっかくマイホームを建てるなら、「子育てしやすい家にしたい!」と思う方は多いでしょう。この記事では、「子どもを見守る」「子どもの安全を守る」「家族の絆を育む」「子どもの心を育てる」という4つの視点から、子育てしやすい家のアイデアを7つ紹介します!

子育てしやすい家を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

1. 子どもを見守る間取り
2. 子どもの安全を守る対策
3. 家族の絆を育む
4. 子どもの心を育てる

■子どもを見守る間取り

子どもが小さいうちは、家の中にも事故の危険がいっぱい。子どもが遊んでいる時、大人の目が届くような間取りにしておくと安心です。

●対面式キッチン

対面式キッチンなら、料理しながらでもダイニングやリビングの様子を見守れます。家を建てたあと、子どもがどこで遊ぶのかをイメージしながら間取りを決めましょう。たとえば、LDK併設の畳コーナーで遊ばせる予定なら、キッチンから畳コーナーが見える配置にしておくと安心です。

●LDKから見える庭

庭を作るなら、LDKから見える位置が理想です。目線の高さや窓の大きさに気を配り、立って家事をしていても子どもの様子を見守れるよう工夫しましょう。また、外遊びする子どもを座って見守れるようウッドデッキを作るのもおすすめ。

■子どもの安全・プライバシーを守る対策

事故を防ぐ、プライバシーを守るという視点で、子どもの安全を守る家づくりの工夫を紹介します。

●フェンス・目隠し壁

庭を作るなら、フェンスや目隠し壁を検討しましょう。高さのある土地の場合、子どもが落下してしまう危険性があります。必ず子どもが越えられない高さのフェンスを設けましょう。また、庭が大通りに面している場合などは、目隠し壁を作ることで、通りからの視線をカットできます。

●窓の配置

プライバシーを守る上では、窓の配置も重要です。お隣の家と窓の配置が重なると、家の中が見えてしまうことも。お隣の家の窓の位置や、家が建っていない場合は今後家が建つ可能性も考慮して、窓の位置や家の向きを決めましょう。

■家族の絆を育む

子どもが大きくなると、家族のコミュニケーションが減ってしまうという声も。家族が自然と顔を合わせる間取りにしておけば、子どもが成長してからも会話が生まれやすくなります。

●リビング階段

玄関からリビングを通らず2階に上がれるようにすると、帰宅後すぐに自室にこもってしまうことも。リビング内に階段があれば、帰宅後リビングを通って自室に上がることになります。キッチンやリビングの家族と「おかえり」「ただいま」と声を掛けあえば、そこから会話が生まれます。

●スタディコーナー

子どもが自室で勉強するようになると、家族と過ごす時間はめっきり減ってしまいます。リビングやダイニングの横にスタディコーナーを作り、スタディコーナーで勉強する習慣をつければ、同じ空間を共有できます。親の目線があることで、集中力がアップする効果も。

■子どもの心を育てる

子育てでは、子どもの心を育てることも大切。庭をつくったり、玄関にシンボルツリーを植えたりすると、季節の変化が感じられ、情操教育になります。一緒に野菜やハーブを育て、収穫して親子で料理するのも素敵です。自然と触れ合う機会を通じて、感性が養われていくことでしょう。