ニュース / トピックス

  • TOP
  • ニュース
  • 梅雨の時期を快適に過ごせる家にするには?

梅雨の時期を快適に過ごせる家にするには? 2022.06.09

2022.06.09

ジメジメとすっきりしない空模様が続く梅雨は、気持ちまでブルーになりがち。しかし、ちょっとした工夫で、梅雨でも過ごしやすいお家になります。

今回は、梅雨の時期を快適に過ごせる家づくりの工夫を徹底解説!家づくりをご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1.梅雨の時期を快適に過ごす家づくりの工夫
2.調湿素材や通風を利用して梅雨でも快適なマイホームに

■梅雨の時期を快適に過ごす家づくりの工夫

梅雨の時期の主な不快感の原因は、湿気です。素材や窓を工夫して、湿気の溜まりにくい家にしましょう!

●1.木材を活用する

木材には天然の調湿効果があります。

梅雨など湿気の多い時期は空気中の湿気を吸い、冬場など湿気の少ない時期は空気中に湿気を放ってくれます。このように吸湿・放湿を繰り返しながら、室内の湿度を自然に調節してくれるのです。

湿度が調節されると、快適に過ごしやすくなるのはもちろん、結露防止や空中浮遊菌の低減といったうれしい効果も。

また、木材に含まれる「フィトンチッド」という香り成分には、癒やし効果や健康効果があると言われています◎ストレスの軽減や血圧低下、自律神経の安定など、さまざまな嬉しい効果が期待できますよ。

●2.風の通り道を作る

間取りや窓の配置を工夫し、風の通り道を作ることも大切です。

窓は数だけでなく、位置や開き方、方位にも気を配ることが重要◎通風計画についてもしっかり相談に乗ってくれる工務店を選びましょう。

風が気持ちよく通る家なら、梅雨の時期以外も快適に過ごせますよ。

●3.エコカラット

エコカラットとは、リクシルが開発した調湿機能と脱臭機能のある壁材のことです。エコカラットの調湿効果は珪藻土の約6倍、調湿壁紙の約25倍以上と言われていて、快適な湿度の維持に役立ちます。

エコカラットはデザインやカラーバリエーションが豊富で、インテリアのアクセントとしても◎お家のコンセプトや好みに合わせて、ぴったりの製品を選んでみましょう♪

■調湿素材や通風を利用して梅雨でも快適なマイホームに

湿度が高い状態が続くと、気分や体調に悪影響が出ることも。

マイホームは、家族が長い時間を過ごす場所です。素材や通風にこだわり、四季を通して快適に過ごせる家にしましょう◎

家づくりをする地域によっては、特有の気候現象があるケースもあるため、専門知識と経験を持つ地元の工務店に相談するのがおすすめです。

家づくりでできる湿気対策については、こちらの記事もチェック!
家づくりでできる湿気対策とは?素材・間取り・設備の工夫を紹介