ニュース / トピックス

無垢フローリングのお手入れ方法とは? 2022.01.06

2022.01.06

無垢フローリングに憧れていても、お手入れに不安を感じている方は多いのではないでしょうか?
無垢フローリングのお手入れは、意外とカンタンです!

今回は、無垢フローリングのお手入れ方法をわかりやすく解説します。

■塗装によってメンテナンス方法も変わる

無垢フローリングの塗装には、ウレタン塗装と自然系オイル塗装の主に2種類があります。

ウレタン塗装とは、ウレタン樹脂を吹き付けて仕上げる塗装方法です。表面がツルツルする代わりに、汚れに強いことがメリットです。ウレタン塗装の場合、基本的にはメンテナンスフリーですが、時々クリーナーワックスを掛けることで綺麗な状態を保ちやすくなります。

自然系オイル塗装とは、植物性オイルを木にしみ込ませて仕上げる塗装方法です。ウレタン塗装と比べて、木の風合いやぬくもりが感じられるのがメリットです。一方、ウレタン塗装と比べると、小まめなお手入れが必要です。

■自然系オイル塗装のメンテナンス方法

小まめなお手入れが必要といっても、特別な技術が必要なわけではありません。習慣になれば、ストレスなくお手入れできるようになります。続いては、自然系オイル塗装のメンテナンス方法をご紹介します。

●掃除機やほうきでホコリをとる

無垢フローリングでも、通常のフローリングと同様に掃除機をかけてOKです。砂粒などがあると無垢フローリングにキズがついてしまうので、気になった時は小まめに掃除機やほうきでホコリをとりましょう。

●週に1~2回乾拭きする

週に1~2回、乾いた雑巾で乾拭きしてください。モップクリーナーを使うと、立ったまま掃除できるので楽ちんです。

●月に1~2回水拭きする

月に1~2回、よく絞った雑巾で磨くと、汚れが綺麗に落ちます。水拭きの時もモップクリーナーを使うと便利です。水拭きは必須ではないので、汚れが気になった時だけでもかまいません。

●年に1回程度オイル塗装をする

最初は半年後に、以降は年に1回程度、自然系オイル塗装の重ね塗りをしましょう。

■こんな時どうする?無垢フローリングのお手入れ方法

日々のメンテナンスとあわせて気になるのが、水がこぼれた時など非常時の対処法です。続いては、トラブル別に無垢フローリングのお手入れ方法を解説します。

●水がこぼれた時

無垢フローリングは、水がこぼれたまま放置していると水染みがつきやすいので、乾いた布ですぐにふき取りましょう。

●シミがついた時

シミがついた時は、目の細かいサンドペーパーで磨いてください。仕上げに乾いた布に自然系オイルをしみこませて拭くと、元通りになります。

●大きな凹みやキズがついた時

大きな凹みキズがついた時も、良く絞った雑巾を置いてアイロンをかけると、回復する可能性があります。木は、水を吸い込むとふくらむ性質を持つからです。

■多少のキズは「味」ととらえるのも大事

キズや汚れも、視点を変えれば家族が積み重ねてきた暮らしの思い出です。生活に支障がない程度であれば、「自然素材ならではの味」ととらえることも大切です。

年月を重ねるほどに風合いが増していくのが無垢フローリングの魅力です。そこにキズや汚れが加わり、新築とはまた違った趣を楽しめる家になるでしょう。

木の家の魅力については、こちらの記事もチェック!
https://shiga-taku.co.jp/news/%e5%85%89%e3%81%a8%e9%a6%99%e3%82%8a%e3%81%ab%e7%99%92%e3%82%84%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e2%80%95%e2%80%95%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%81%a7%e5%8f%b6%e3%81%88%e3%82%8b%e5%bf%83%e5%9c%b0%e3%82%88/