ニュース / トピックス

  • TOP
  • ニュース
  • 音が綺麗に響く家――木造住宅の「吸音効果」とは?

音が綺麗に響く家――木造住宅の「吸音効果」とは? 2021.11.11

2021.11.11

木造住宅には、音を綺麗に響かせる効果があることをご存じでしょうか?

木材は音を適度に吸収してくれるため、楽器を弾いたり音楽を聴いたりする時にぴったりな素材なんです!

今回は、音を綺麗に響かせる木造住宅の「吸音効果」についてご紹介します。楽器演奏や音楽が好きな方は、ぜひ参考にしてみてください♪

1.木造住宅の「吸音効果」とは?
2.「吸音効果」を注文住宅で活用する
3.木を上手に活用して家づくりをしよう

■木造住宅の「吸音効果」とは?

劇場やコンサートホールの内装には、木材が多く使われています。また、ギターやヴァイオリンといった楽器の素材としても、古くから木材が使われ続けています。

その理由は、木材の「吸音効果」にあります。

木材には多数の小さな孔が空いているため、音を適度に吸収して響かせてくれるのです。床や天井に木材を用いた部屋で楽器を演奏すると、低音・中音・高音をバランス良く吸収してくれるので、音がまろやかに聞こえます!

一方、コンクリートやビニル壁紙などの近年の内装材は、吸音力が低く、音が響きすぎたり耳障りに感じられたりすることもあるため、注意が必要です。

■「吸音効果」を注文住宅で活用する

お子様がピアノを習っている場合など、リビングにピアノを置く方も多いでしょう。また、休日に家族で好きな楽器を演奏し、プチコンサートを楽しむご家族も。

楽器演奏をするリビングなどを吹き抜けにして、天井や梁に木材を用いることで、楽器の音が美しく響く大空間を作れます。

綺麗な音を聴きながら演奏すると、気分もぐっと高まりますよ◎

演奏のため防音室を作る際にも、床や壁、天井に木材を取り入れることで、より自然な音響効果を期待できます。

楽器を演奏するケース以外でも、近隣に生活音が響くのを防ぎたいといった場合も、木材の吸音効果が役に立ちます!

■木を上手に活用して家づくりをしよう

一般的に木造住宅というと、音が漏れやすく防音性は低いと思われるかもしれません。しかし木材には、自然の吸音効果があります。家づくりに上手に木を活用することで、劇場やコンサートホールのようなまろやかな音響空間に近づけることも可能です。

ご自宅で楽器を演奏したり音楽を聴いたりするのが好きな方は、ぜひ家づくりに木材を取り入れてみてください♪